確実に明かりを確保できるアイテム!おすすめヘッドライト用アクセサリー17選

ライト・ランタン

アウトドアでのヘッドライトは、ランタンと同じく周囲を照らすためのアイテムですが、ランタンよりも実用性が高い物と言えます。ランタンはそれ自体を楽しむ用途もありますが、ヘッドライトは移動や作業するために使うという目的達成のために使用することが多いものです。そのため、キャンプや登山などアウトドアに欠かせないアイテムともいえます。ただどんなヘッドライトが必要なのか、どのようなツールを利用すればいいのかなどわからないことが多い。そこでシーンや役立つタイミングでおすすめの使い方などをご紹介します。

またおすすめのヘッドライト用のアクセサリーも紹介しているので参考にしてみてください。

ヘッドライトについてはこちら↓
【アウトドアや防災グッズにも!おすすめヘッドライト18選】

ヘッドライトが便利なシーンや役立つタイミング

ヘッドライトの明かりが必要なシチュエーションによってどのようなライトが必要なのかみていきましょう。

登山など遠くを照らす

登山などでは早朝や夜間でも遠くから照らしたいので、明るさのパワーが必要です。照度が強いヘッドライトは大きくなり重たくなりがちです。そのため移動の負担になるものの、かなり有効な明るさが確保できるメリットの方が、安全性を考えると大事になります。その分、価格も高くなるので、必要な用途と目的があるかを考えましょう。

作業や足元を照らす

キャンプでの夜間の活動やトイレなどへの移動などの灯りとして使用したい場合には、数メートルから10メートル程度の灯りが確保できればいいので、登山用のヘッドライトを使用すると明るすぎてしまいます。周囲のテント内まで灯りが届いてしまったり、周囲の人がまぶしく感じてしまうと迷惑になってしまうのです。消費電力の大きくなくコンパクトなサイズのヘッドライトがちょうどいいでしょう。価格もそこまで高くないので、持ち運びのしやすさや見た目にこだわって選べるアイテムです。

ヘッドライトを選ぶ際に見るべきポイント

ヘッドライトを選ぶときにはどのようなポイントをチェックすればいいのでしょうか。

光の強さと照らしたい範囲

ヘッドライトには使用用途に合わせて、照射できる範囲や距離、光の強さを目安にしましょう。キャンプ場などで使うなら手元を照らすワイドビームがおすすめ。自分の周囲が明るくなれば、調理などがしやすくなるので便利です。もし夜間に行動するならスポットライトタイプがいいでしょう。夜間の行動がしやすく遠くまで見通せるスポットビームは、足元も明るく照らせるので、転倒などを避けることも可能です。

使用できる時間をチェック

ヘッドライトをどれぐらい使えるかも確認したいところです。明るいほどよく見えますが、使用できる時間は短くなります。そのため登山用のヘッドライトには、大容量バッテリーと高照度のヘッドライトが適しています。キャンプサイトで使用するヘッドライトは、数時間だけ手元を照らしてくれるヘッドライトでいいので、コンパクトサイズでも問題ありません。

バッテリーの種類

ヘッドライトのバッテリーには、USB充電式と乾電池式があります。USB充電式にはリチウムイオンバッテリーが使われているので、低温に強く高い電圧を維持し続けるというメリットがあります。乾電池式のメリットは、長時間使えてどこでも手に入れやすいということです。充電ができない時の予備として、電池式を準備しておく使い方も良いでしょう。

おすすめヘッドライト用アクセサリー17選

ここでは、さまざまなブランド、目的、特徴のあるヘッドライト用のアクセサリーをご紹介します。

リアクティック用乾電池アダプターE92300 2|ペツル(PETZL)

リアクティック用乾電池アダプターE92300 2|ペツル(PETZL)
【サイズ】約12.7cm×7.6cm×5.1cm
【重量】約45g
【カラー】ブラック

Amazonで見る

リアクティックシリーズのライトを乾電池で使用するためのアダプターです。純正の充電式のバッテリーが使用できない場合に、乾電池とこのアダプターがあれば使用できます。登山やトレッキングなどのアウトドアで、充電バッテリーが使えない状況も考えられるので持っておくと安心です。

デュアルコネクトアジャスト L35ARM|ペツル(PETZL)

デュアルコネクトアジャスト L35ARM|ペツル(PETZL)

【サイズ】固定型:45cm調節型:15~95cm
【重量】約160g
【材質】ナイロン・アルミニウム・熱可塑性エラストマー
【カラー】ゴールド

Amazonで見る

固定型アーム付きダブルポジショニングランヤードです。また調節型アームによって、クライマーに最適距離で調節することが可能です。

懐中電灯ヘッドバンドベルトホルダー|Tbest

懐中電灯ヘッドバンドベルトホルダー|Tbest

【重量】約55g
【材質】ナイロン
【カラー】ブラック

Amazonで見る

弾性と耐久性に優れた懐中電灯を保持するためのヘッドバンドです。シンプルな構造なので、ヘッドバンドにヘッドランプを簡単に素早く取り付けることができます。登山やハイキング、トレッキングなどで大活躍するアイテムです。

ヘッドランプバンド|Pwshymi

ヘッドランプバンド|Pwshymi
【重量】約55g
【材質】ナイロン
【カラー】ブラック

Amazonで見る

高品質素材を採用して作られたヘッドバンドは、伸縮性と耐久性があります。最大3個の懐中電灯をつけることが可能で、ヘッドバンドが頭部にしっかりと固定されるので安全です。キャンプやハイキングなどのアウトドアで活躍してくれるアイテムであります。

ライト装着用ヘッドバンド|BLACK WOLF

ライト装着用ヘッドバンド|BLACK WOLF

【サイズ】36~57cm幅:2.5cm
【重量】約26.2g
【材質】ウーリーゴム
【カラー】ブラック

Amazonで見る

ライト専用のヘッドバンドで、ヘルメットや防止の上からでも対応可能です。ライトの固定箇所が2か所あり、安定感が高く保たれます。ヘッドバンドの裏側には、滑りにくい加工がされているので、落下しにくくストレスなく使用可能です。登山などのアウトドアで、明かりが必要になった時に簡単に装着できるので使いやすくなっています。

ヘッドライトバンド|Weltool

ヘッドライトバンド|Weltool

【サイズ】約26.25cm幅:2.5cm
【カラー】ブラック

Amazonで見る

ヘッドランプを装着するための耐久性に優れた弾性ヘッドバンドです。しっかりと頭部にフィットするため活動中に落ちる心配もありません。シンプルな構造なので、装着しやすくなっています。登山やトレッキングには、明かり確保するために常備しておきたいアイテムです。

ヘッドライト用シリコンヘッドバンド|GENTOS(ジェントス)

ヘッドライト用シリコンヘッドバンド|GENTOS(ジェントス)
【サイズ】約80cm幅:2.5cm
【重量】約47g
【材質】シリコン
【カラー】半透明

Amazonで見る

ヘッドライトをヘルメットに装着するためのシリコン製のアイテムです。ぴったりフィットするので、活動時のライトのずれが少なく、ストレスが軽減されます。ベルト本体は軽く、複数のライトを装着しても、ヘルメットは重たくなりにくいです。長時間歩くような登山でも軽いので疲れにくくなっています。

ヘッドライトヘルメットクリップ|XBD

ヘッドライトヘルメットクリップ|XBD

【サイズ】約4.7cm×1.0cm×1.5cm
【カラー】ブラック

Amazonで見る

ヘッドライトを装着したヘッドバンドをヘルメット装着時に滑り落ちるのを防ぐためのクリップです。複数のクリップでしっかりと抑えることが可能で、夜間の作業やハイキングやキャンプなどのアウトドアでもストレスなく活動することができます。

ヘッドライト用バンド 交換ゴムバンド|rekol-direct

ヘッドライト用バンド 交換ゴムバンド|rekol-direct

【サイズ】34~55cm幅:3.0cm
【重量】約25g
【材質】ゴム
【カラー】ブラック

Amazonで見る

ベルト部が伸縮し、頭部にしっかりとフィットします。長さを調整して使えるゴムバンドと、シリコン製のライト装着部によってしっかりホールドするので、ずれたりすることなく安心です。ハイキングや登山時に必要な灯りを確保するために大活躍するアイテムです。

ペン&ライトホルダー|谷沢製作所

ペン&ライトホルダー|谷沢製作所
【サイズ】約8.5cm幅:3.5cm
【材質】ポリプロピレン
【カラー】オレンジ

Amazonで見る

ペンライトをヘルメットに装着させるためのホルダーです。ヘルメットの下部から差し込み挟んで止めます。ペンライトはホルダーに付属されたマジックベルトで装着するので、角度など自由に設定してください。登山などの歩行時にも、キャンプなどの活動でも、便利に使えるアイテムとなっています。

ペンライトホルダー|TOYO

ペンライトホルダー|TOYO
【サイズ】約2.9cm×7.0cm×5.0cm
【重量】約30g
【カラー】ブラック・シルバー

Amazonで見る

ペンライトやハンディライトをヘルメットに装着できるホルダーです。ライトの太さは直径14mm~28mmが装着できます。しっかりと装着して固定するすべり止めがついており、角度を自由に決めることも可能です。簡単に装着しできるので、キャンプサイトのトイレ移動などにも活躍するアイテムになります。

ヘルメット装着型ライトホルダー|VopTop

ヘルメット装着型ライトホルダー|VopTop
【サイズ】約7.5cm×3.0cm×3.0cm
【重量】約22g
【カラー】ブラック

Amazonで見る

ヘルメットに装着するためのライトホルダーです。また安全帯などにも装着して使用することも可能です。装着したままでもライトを360度回転させることができ、照らしたい場所に向けて灯りを確保することができます。キャンプなどのアウトドアでも活躍するアイテムです。

シリコンヘッドバンド|Ledlenser

シリコンヘッドバンド|Ledlenser

【カラー】ブラック

Amazonで見る

ヘッドライトやその付属品をヘルメットに固定するシリコンヘッドバンドです。シリコン素材のため滑りにくく、しっかりとフィットして固定されるので安心して作業ができます。夜間の作業やアウトドアでも安定してヘッドライトの明かりを照らすことが可能です。

ハイブリットモデル専用バッテリー|PETZL(ペツル)

ハイブリットモデル専用バッテリー|PETZL(ペツル)

【サイズ】約2.0cm×1.0cm×2.0cm
【重量】約23g

Amazonで見る

ハイブリットタイプのヘッドランプに対応可能な大容量リチャージャブルバッテリーです。USBポートにて簡単に充電できます。低温下でも高い性能を発揮するので、登山などのアウトデアでも活躍できるアイテムです。

ヘッドライト用ラバーバンド|GENTOS(ジェントス)

ヘッドライト用ラバーバンド|GENTOS(ジェントス)

【サイズ】約1.9cm×35.0cm
【重量】約56g
【材質】ゴム
【カラー】ブラック

Amazonで見る

リアバッテリータイプのヘッドライト専用ラバーヘッドバンドです。しっかりとフィットして、ライトの安定性が保たれます。そのため夜間の作業、登山やキャンプなどのアウトドアでも問題なくライトの明かりを確保してくれます。

ヘッドストラップ|OLIGHT

ヘッドストラップ|OLIGHT

【材質】ナイロン
【カラー】ブラック

Amazonで見る

ライトを装着できるヘッドストラップです。ライトをしっかり保持しますが、頭部は肌触りが良い伸縮性の高いベルトによって窮屈さを感じさせません。登山やキャンプなどのアウトドアで、長時間使用できるアイテムとなっています。

リフレクティングヘッドバンド|Ledlenser

リフレクティングヘッドバンド|Ledlenser

【サイズ】約6.0cm×1.0cm×1.0cm
【重量】約21g
【材質】プラスティック
【カラー】ブラック

Amazonで見る

目につきやすいリフレクターが付いたヘッドバンドです。裏面は、滑り止めが加工されていて安定性が高められています。激しく動くような場合でも、落ちるような心配することなくストレスフリーで活動できるのがおすすめです。登山やトレッキングなど、長時間の歩行や活動でもヘッドライトが落ちないのはとても使い勝手のいいアイテムになります。

ヘッドライト用アクセサリーを選ぶ際には口コミや評判など見てしっかり判断しよう

今回は、ヘッドライト用アクセサリーについてご紹介しました。さまざまなライトやライトの補助的なアイテムがあり、どのような環境で使用するのかということに合わせて選ぶことが基本となるでしょう。明るさや連続使用時間などを使用目的に考慮して選ぶことが大切です。登山中に暗くなってしまった時に使うヘッドライトが簡易的なヘッドライトではやっぱり不安ですから。逆に、キャンプサイトでの活動やトイレ移動のために本格的なヘッドライトだとオーバースペックになってしまいます。そうならないためにも、それぞれの目的に合ったものを商品説明などから選ぶことが大切です。

ただ、商品説明だけではわからない使いやすさや使用感などは、ユーザーの口コミや評判を参考にするととてもわかりやすくなっています。購入の検討の際には実際のユーザーの声を見て判断することをおすすめします。ぜひ、ヘッドライト選びの参考にしてみてください。

関連記事

特集記事

TOP