キャンプで快適な睡眠を!おすすめシュラフ20選

寝袋・シェラフ

キャンプなどのアウトドア人気によって、テントを張って1晩を過ごす人も増えています。そんな時に欠かせないアイテムのひとつにシュラフがあります。秋口から春先までのシーズンだけでなく、オールシーズン使えるような工夫をされたシュラフも登場していて、選ぶのが楽しいぐらいです。

シュラフが便利なシーンや役立つタイミング

シュラフは布団がない場所で睡眠を取るために使用することが多いでしょう。

キャンプ

キャンプの醍醐味はやはり夜の焚き火。そのためにテントを張って一晩泊まるという人も少なくないはずです。すなわち寒さをしのげる寝袋は、焚き火を楽しむためにも欠かせないアイテムだとも言えます。

非常時

災害などが発生した時に避難先で寒さをしのぐためにはかなりありがたいアイテムとなります。狭いスペースでも使えて温かさを確保できるので、体力の回復にも役立つでしょう。

シュラフを選ぶ際に見るべきポイント

睡眠をとるためのシュラフですが、どのようなポイントに注目をして選ぶといいのでしょうか。いくつかのポイントについてご紹介します。

保温性

やはり何と言っても暖かさは大事なポイントです。シュラフの構造や素材によって使用限界温度が異なるので、使用する場所や気温を考慮して忘れずに確認したいポイントになります。

使いやすさ

基本的には、寝るために利用するシュラフ。ただ、ブランケットのように使用することも、足元を温めるためにも使用可能です。両サイドにジッパーが付いていて出入りしやすくしていたり、2つのシュラフを連結することができるものもあります。ソロキャンプで使ったり、ファミリーキャンプで使ったりと。使用方法の幅も広がって選択しやすくなっているのがキャンパーにとっては嬉しいことです。

おすすめシュラフ20選

ここでは、さまざまなブランド、目的、特徴のあるシュラフを20アイテムご紹介します。

シュラフ|TTOGE

シュラフ|TOOGE
【サイズ】210cm×80cm
【重量】2700g
【カラー】オレンジ・ブルー
【素材】ポリエステル
【下限外気温度】-30℃

Amazonで見る

撥水加工された素材が採用されているので、安心して使えるシュラフです。また高い保温性を保ちながら、内部は蒸れない構造になっています。内側は綿素材なので布団のように柔らかく肌触りがいいので快適な寝心地が得られます。家族やカップルでのキャンプでは、ファスナー開きが左右の2タイプあるので、繋げて使用することも可能です。

寝袋|LEEPWEI

寝袋|LEEPWEI

【サイズ】210cm×75cm
【重量】900g
【カラー】アクシア・オレンジ・グリーン・グレー・ダークグリーン・ダークブルー・パープル・ブラック・ブルー・レッド・迷彩
【素材】ナイロン・コットン
【下限外気温度】5℃

Amazonで見る

表面には耐水性と耐摩耗性に優れた生地を採用し、中には保温性の高いコットンが使われています。柔らかく快適に過ごせる寝袋です。頭まで覆うことができ、首元も閉められるので冷気を防いでしっかり保温することができます。キャンプなどのアウトドアで使用した後は、丸洗いすることができるので清潔な状態を保つことが可能です。

マミー型 高級ダウン650FP寝袋|Soomloom

マミー型 高級ダウン650FP寝袋|Soomloom

【サイズ】210cm×80cm
【羽毛量】400g~1500g
【カラー】ブルー
【素材】ナイロン
【下限外気温度】5℃~-20℃

Amazonで見る

採用されているナイロンには軽防水の効果があり、朝方の空気中に含まれる水分にも対応可能です。内部はダウンとなっているので、冬であっても暖かく寝ることができます。頭部や肩まで包み込むような構造となっているため、しっかりと防寒することが可能です。雪キャンプや登山などのアウトドアでも活躍可能です。

シュラフ|coolbeans

シュラフ|coolbeans

【サイズ】225cm×75cm
【重量】1700g
【カラー】ブラック・ネイビー・ワインレッド・迷彩
【素材】エーペックス コクーン ファブリック100%
【下限外気温度】-10℃

Amazonで見る

軽くてふんわり柔らかく、インナーの肌触りがいいので快適に過ごすことが可能です。頭部にはドローファスナーが付いているので、温度やフィット感を調整することができます。また足元にもファスナーがあり、足元を開いて使うこともできるので、快適な温度で寝ることが可能です。

シュラフ|JPDeal

シュラフ|JPDeal

【サイズ】220cm×75cm
【重量】2800g
【カラー】ブラック・ネイビー・オレンジ・グレー・ブラウン・ブルー・モスグリーン
【素材】ナイロン
【下限外気温度】-5℃

Amazonで見る

軽量ですが、とても肌触りが良く保温性にも優れたシュラフです。シュラフ内でも動きやすく圧迫感なども少ないので、ストレスなく睡眠を取ることができます。収納もコンパクトなので持ち運びも便利で、荷物をなるべく減らしたいアウトドアでも使い勝手がいいシュラフです。

シュラフ マミー型|Fotociti

シュラフ マミー型|Fotociti

【サイズ】210cm×80cm
【重量】1300g~1900g
【カラー】ブラック
【素材】ナイロン
【下限外気温度】0℃~-15℃

Amazonで見る

表面素材は強力な撥水加工がされているので防水性に優れており、外部からの湿気の進入も防いでくれます。フードは立体的な構造になっているため保温力が高く、首元にあるジッパーでしっかりと防寒することが可能です。キャンプや登山などのアウトアではもちろんですが、室内や非常時にも使えるシュラフとなっています。

シュラフ|Naturehike

シュラフ|Naturehike
【サイズ】210cm~220cm×75cm~85cm
【重量】910g~930g
【カラー】ブラック・イエロー・グレー
【素材】ナイロン
【下限外気温度】-11℃

Amazonで見る

表地と裏地に採用されているナイロンは、高い防水性と耐久性に優れ、肌触りと柔らかさがあるので心地よい睡眠を与えてくれます。ダウンも保湿性に高くしっかり暖かいです。収納するとコンパクトで、省スペースを実現して荷物を減らしてくれます。

マルチレイヤースリーピングバッグ|Coliman(コールマン)

マルチレイヤースリーピングバッグ|Coliman(コールマン)

【サイズ】200cm×90cm
【重量】4900g
【カラー】ネイビー
【素材】ポリエステル
【下限外気温度】-11℃

Amazonで見る

このシュラフは、外側のアウトレイヤーの内側にミドルレイヤーとフリース入れて防寒性を高めることができます。シーズンや気温によって、レイヤーを使い分けて温度調節も可能で、使い方の幅を広げてくれます。キャンプや災害時などさまざまなシチュエーションが想定される時にも活躍するシュラフです。

寝袋マミー型|Sheng yuan

寝袋マミー型|Sheng yuan

【サイズ】210cm×85cm
【重量】2400g
【カラー】オレンジ・ブルー
【素材】ナイロン・ポリエステルタフタ
【下限外気温度】-15℃

Amazonで見る

民族風なデザインが施されたナイロンが採用されており、防水性、通気性、耐久性に優れた寝袋です。柔らかくて肌触りのいい生地なのでとても快適な寝心地が得られます。フード部には、ドローコードが付いているのでフィット感を調節できるので、暖かさを確保可能です。

シュラフ|REMAC

シュラフ|REMAC
【サイズ】220cm×77cm
【重量】1800g
【カラー】オレンジ・ダークグリーン・ネイビー・ブラック・迷彩
【素材】ナイロン
【下限外気温度】-25℃

Amazonで見る

シュラフ内の湿気は、吸湿性の良い素材と通気性に優れた素材によって外部へ排出され内部にはこもらないようになっています。またこのシュラフは寒さに強くー25℃まで耐えうるように設計されているので、冬のキャンプや登山などのアウトドアに最適です。

スリーピングバッグ|CANWAY

スリーピングバッグ|CANWAY

【サイズ】220cm×150cm(190cm×75cm・220cm×150cm)
【重量】2700g
【カラー】グリーン・ブルー・ブラック
【素材】ポリエステル
【下限外気温度】-15℃

Amazonで見る

ファスナーで連結して広く使うことも、分割して2つのスリーピングバッグとして使用することも可能です。またセパレートして使用することで温度調節もしやすい。保温性が高く窮屈さもないので、快適に睡眠を取ることが可能な使い勝手の良いのが特徴です。キャンプや登山などのアウトドア、災害などの非常時用としても使えるスリーピングバッグになっています。

マミー型寝袋|Fengzel Outdoor

マミー型寝袋|Fengzel Outdoor
【サイズ】220cm×90cm
【重量】900g~3000g
【カラー】グリーン・ブルー・レッド
【素材】ナイロン・ポリエステル
【下限外気温度】0℃~-45℃

Amazonで見る

表面は防水性と通気性に優れていて、耐久性も高くなっています。肌に触れる内部は吸湿発散性に優れているのでとても快適な寝心地です。また両サイドにジッパーが付いているので、温度調節もしやすく出入りもスムーズできます。使わない時には、専用の収納袋に入れてコンパクトに持ち運び可能です。

ダウン寝袋 封筒型|Naturehike(ネイチャーハイク)

ダウン寝袋 封筒型|Naturehike(ネイチャーハイク)

【サイズ】190cm×72cm
【重量】570g
【カラー】オリーブ・カーキ・ネイビー
【素材】ナイロン
【下限外気温度】-15℃

Amazonで見る

この寝袋は570gという軽さが特徴です。とても軽く専用の収納袋に収めればとてもコンパクトなので、荷物を軽減効果がとても大きくなります。強力な撥水加工や連結して2人用としてつなぐこともできるなど、機能面でも使い勝手のいい封筒型の寝袋です。登山やキャンプなどのアウトドア、災害などの避難時などでも活躍してくれます。

丸洗いスランバーシュラフ|LOGOS(ロゴス)

丸洗いスランバーシュラフ|LOGOS(ロゴス)

【サイズ】190cm×80cm
【重量】1800g~2300g
【カラー】ベージュ・ブラウン・レッド
【素材】モイスポリ・ダイナチューブファイバー
【下限外気温度】2℃~-2℃

Amazonで見る

撥水加工されているので、防水性と防汚性に優れているので悪天候時でも安心して使用可能です。内部は保温性の高い素材を採用し、柔らかくふわふわな肌触りで快適な寝心地を実現しています。丸洗いも可能なので、使用後も清潔に保つことが可能です。コンパクトに収納でき、キャンプや登山などのアウトドアでも持ち運びしやすくなっています。

寝袋 封筒型|Naturehike(ネイチャーハイク)

寝袋 封筒型|Naturehike(ネイチャーハイク)

【サイズ】185cm×70cm・200cm×80cm
【重量】570g~1400g
【カラー】オレンジ・スカイブルー・ワインレッド・ネイビー・ブラック・グリーン
【素材】ポリエステル・ナイロン・コットン
【下限外気温度】8℃~-10℃

Amazonで見る

撥水加工された表地、適度な保温性を持った中綿、裏地には肌触りの良いマイクロファイバーを使用していて保温性と速乾性に優れた寝袋です。両サイドにファスナーが付いているので出入りしやすく温度調整もしやすくなっています。また2つのを連結して使用することも可能なので、人数によって使い分けることが可能です。

丸洗いやわらかあったかシュラフ|LOGOS(ロゴス)

丸洗いやわらかあったかシュラフ|LOGOS(ロゴス)

【サイズ】190cm×75cm
【重量】2300g
【カラー】ブラウン
【素材】やわらかフランネル
【下限外気温度】0℃

Amazonで見る

表面と肌面にもやわらかいフランネルを使用しているので、肌触りが良く快適です。軽くて暖かさのあるダイナチューブファイバーを中綿に使用しています。連結して使用できる仕様なので、家族やカップルで使用することも可能です。丸洗いできるシュラフで衛生的にも安心できます。

シュラフ|iClimb

シュラフ|iClimb

【サイズ】210cm×75cm
【重量】620g
【素材】ナイロン・コットン・ポリエステル
【下限外気温度】-5℃

Amazonで見る

断熱効果を高めながら軽量化を実現しています。軽く柔らかい触り心地で快適な寝心地を提供してくれています。コンパクトに収納できる専用の袋で持ち運びにとても便利です。キャンプや登山などのアウトドアでも活躍できるシュラフとなっています。

シュラフ|Mozambique

シュラフ|Mozambique

【サイズ】190cm×84cm
【カラー】ネイビー
【素材】コットン
【下限外気温度】5℃

Amazonで見る

肌触りのいいフランネル綿を裏地に採用しているので、キャンプや登山などのアウトドアで、寝心地を重視する人におすすめの寝袋になっています。首元についている絞りでフィット感が調節できたり、両サイドにジッパーがあるため出入りしやすいなど使い勝手のいいシュラフです。

寝袋|NANGA(ナンガ)

寝袋|NANGA(ナンガ)

【サイズ】175cm
【重量】650g
【素材】ナイロン
【下限外気温度】-4℃

Amazonで見る

登山やキャンプなどのアウトドア好きの人の中にいるこだわりの強い人おすすめしたいシュラフです。高機能なものではなくても、このシュラフにこだわって使いたいというような人に喜ばれるでしょう。とても軽くコンパクトなので持ち運びには便利です。

冬用寝袋 マミー型|Naturehike

冬用寝袋 マミー型|Naturehike

【サイズ】205cm×80cm
【重量】1050g
【素材】ナイロン

Amazonで見る

両サイドにジッパーがあるので、布団に近いように使えるシュラフになっています。またそのおかげで温度調整も可能です。保温性、防水性、吸湿性、通気性に優れているので、とても高機能なシュラフです。持ち運びにも便利なのでキャンプなどのアウトドアで活躍できます。

シュラフを選ぶ際には口コミや評判など見てしっかり判断しよう

今回は、シュラフについてご紹介しました。さまざまな機能や性能があるシュラフは、どのような環境で使用するのかということに合わせて選ぶことが基本となるでしょう。商品説明や使用可能温度などから選ぶことが大切です。
ただ、商品説明だけではわからない使いやすさや使用感などは、ユーザーの口コミや評判を参考にするととてもわかりやすくなっています。購入の検討の際には実際のユーザーの声を見て判断することをおすすめします。

関連記事

特集記事

TOP